介護FCの配食サービス

配食サービス介護フランチャイズ

配食を介護フランチャイズで

健康食や治療食の配食サービスの市場規模は高い伸び率で推移しています。1999年に168億円だった市場が、2006年には425億円規模にまでなりました。自治体で行われていた配食サービスは、ボランティアから業者への委託へと移行していき、昼食だけの配食から、昼食・夕食の2回の配食が一般的になっています。利用日数も増えて週2、3回から週5、6回まで増えました。

65歳以上の高齢者の人口は、2004年に総人口に占める割合が19.5%、2013年には25%で4人に1人が高齢者という時代になりました。この割合は今後も上昇していき、2035年には33.4%で3人に1人が高齢者になると見込まれています。在宅食を望む高齢者の増加以外にも、糖尿病や腎臓病患者、その予備軍の増加などから市場はさらに拡大すると考えられています。ニーズの高まる市場で介護フランチャイズの詳しい情報から開業を検討してみてはどうでしょうか。

<介護フランチャイズで始める配食サービス>
高齢者を対象とした配食サービスでは今後20年において成長が見込める魅力的なマーケットです。介護フランチャイズに加盟することは、個人で開業する場合よりいくつかメリットがあります。介護フランチャイズでは受注生産をしていますので無駄なコストが発生しません。さらに経営においては、介護フランチャイズ独自の実戦的な営業ノウハウなどがマニュアル化されているため、ゼロからのスタートより有利になります。

次に支出として初期負担となる家賃や保証金を削減するために、立地を選別し開業資金の低コスト化を目指しています。出店コストを出来るだけ低くするために中古やレンタルなどを活用しています。そして他社と差をつけるための商品も、メニュー開発は管理栄養士と共同開発、冷凍とは違った品質の高い冷蔵食材だったり、自社工場などを保有しているのも介護フランチャイズにおけるメリットです。